裁判所は、兵庫県議会事務局対して、議員が不正使用した1483万円の返還を議員に返還請求するよう命じました。

この判決は、「不正に使用されていた1483万円もの税金を市民に返しなさい」という命令です。

つまり、市民オンブズマンの活動により(市民によるの無償ボランティア活動です)皆さんの税金が、1483万円戻る、ということです。

しかし、県は控訴しました。

つまり、正しく利用しているものなので、返還する必要ない、といって断っているということです。

皆さんの税金を取り戻すために、市民のボランティアで裁判を戦ってきましたが、更に戦い続けなければなりません。
そうしなければ、裁判所も認めた1483万円が戻ってきません。

この1483万円は、一銭足りとも、市民オンブズマンには入りません。

この活動は、市民に戻すために、市民の代表として、ボランティアで行っているものです。

しかし、こうした活動には、事務所費用や、交通費、コピー代などの最低限の費用が発生します。

そうした費用は、市民オンブズマン会員の皆様の会費や協賛金から充てさせて頂いていますが、結果、毎年赤字続きで、年々貯蓄が減り続けている状況です。

このままでは、今のこのような活動を継続することが困難になります。

1483万円というお金は、大変なお金です。その大金が、市民のお金に戻す活動資金です。

市民の皆様のご支援がなければ、県や議員は、もっと多額の税金を、不正に使用したり、私腹を肥やし続けます。

何卒ご支援賜りますようお願いいたします。

市民オンブズマン兵庫 入会のお願い
協賛金(カンパ)のお願い