神戸市から港島自治連合関連団体への不明瞭な補助金問題についての住民監査請求が棄却されました。

したがって、この問題を追及するためには、住民訴訟するしか術がありません。

しかし、裁判を起こすには、最低50万円の資金がなければ、その権利を行使することもできません。

市民オンブズマン兵庫は、これまで、多額の失われかけた税金を取り戻して参りました。

こうした活動は、市民のボランティアにより支えられていますが、資金もまた、その中立性を担保するために、市民の皆様の会費と協賛金を、唯一の収入源としてします。

そのため、毎年赤字が続き、現在では、資金がひっ迫しているため、唯一の権利である、裁判さえも行使できなりそうな状況に陥っています。

そうすれば、政治家や役人は、また、闇を闇のままに葬り去り、不正や無駄遣いは、なくなるどころか、増え続けてしまいます。

政治家や役人による不正や、無駄遣いをなくしていくためには、市民が声を上げ、行動し、正していくより他方法がありません。

ぜひ、状況ご理解頂きまして、神戸市から港島自治連合関連団体への不明瞭な補助金問題の追及するための 住民訴訟にご協力を頂きますよう、なにとぞよろしくお願いします!!

 

神戸市から港島自治連合関連団体への不明瞭な補助金問題の追及するための 住民訴訟にご協力をお願いします!!