本日、12月5日(火)第一回目の港島の裁判が行われました。

港島問題に、強い関心を持たれ、裁判も支援してくださっている「神戸を良くする会」のみなさんをはじめ、およそ30名ほどの傍聴者が見守る中、裁判は執り行われました。傍聴席は満席となり、市民の方々が注目する中、神戸新聞を始め、関西テレビ、読売テレビ、サンテレビなど、マスコミ各社も取材に訪れ、港島裁判に対する関心の高さが、現れていました。

大勢の方にお集まり頂けたことで、裁判官に対しても、市民関心の高さを示す事ができました。ご支援くださった皆様、裁判にご参加くださった皆様、誠にありがとうございました。

 

次回の裁判は、2018年2月7日(水)13時15分から行われることとなりました。お忙しいことと存じますが、皆様、ぜひ、ご支援ならびに、傍聴頂きますようお願いいたします。

 

神戸新聞が報じている通り、
港島不明朗補助金訴訟 神戸市側、争う姿勢
神戸市側は争う姿勢を示しており、市民の皆様におかれましては、一層、関心をお寄せ頂き、健全な市政を取り戻すための、ご支援いただきますよう、よろしくお願いいたします。